5月 2017

原因別の対策を

2017-05-14 未分類

ニキビが顔の片側だけによくできるということも時折あります。この原因は寝るときの衛生状態に原因があることが多いです。つまり、寝るときにシーツや枕に片方の顔を付けることによって、そこに付着しているダニやカビなどに肌が触れてしまい、肌状態が悪くなりニキビができてしまうということです。洗顔をして顔を清潔に保つことも大切ですが、肌に触れる者も清潔にすることによってニキビやアレルギー反応を軽減することが期待できます。

もしも顔の両側にニキビができる場合にはホルモンバランスの乱れが原因となっているケースがあります。緊張状態やストレス状態にさらされていると肌の状態も悪くなりがちですし、しっかりと睡眠がとれていないと肌の回復も遅れてしまいます。このような場合は乾燥しないようにスキンケアをしつつ、半身浴などでリラックスできる空間や時間をしっかりと作るようにしましょう。こうした精神面でのケアによって体の働きを正常に戻すことが可能となり、結果的にニキビのできにくい肌を作ることができます。

こうした方法を行ってみてもニキビが防げない場合や回復に向かわない場合は、医療機関での治療が最善のこともあります。男性ホルモンの過剰分泌を抑制する治療など、体質改善の治療などが必要な場合もあるでしょう。

効果の高いニキビケア

2017-05-09 未分類

ニキビには段階に分けて適切なケアが必要です。例えば、ニキビの初期症状の白ニキビと呼ばれる状態の物や、黒く変色したニキビ、赤く盛り上がっているニキビなどはあまりいじらずに自然に治るのを待つというのも一つの方法です。いじってしまって化膿してしまうと、膿が発生してしまい、つぶしたりすると一生消えない跡になってしまうこともありますので注意しましょう。痛みや大きさが拡大している場合には、自分のケアでは不十分ですのですぐに病院に行くことをおすすめします。

悪化しないようにニキビ対策の方法はいろいろとありますが、まずは自分の肌のタイプを理解しておきましょう。一つは油性肌です。毛穴が開き、皮脂も多く、水分量も多い対応のこの肌には洗顔を少し多めに行い、クレンジング後に蒸しタオルなどで毛穴を開くとよいでしょう。皮脂が多めで水分が少ない混合肌の場合には、乾燥しやすい場所を把握してポイントごとにケアをしてあげることが効果的です。乾燥肌の場合には皮脂が少なく柔軟性もないため肌への摩擦をなくすようなスキンケアを心がけましょう。肌の水分レベルや皮脂の多さを自分で把握するのは難しいので、一度病院などで肌状態を確認してみても良いかもしれません。