未分類

ニキビを防ぐスキンケアとは

2017-05-03 未分類

ニキビは痛いこともありますし、見た目にも良くないので、思春期から大人に至るまで悩みの種となる症状の一つです。なぜニキビができてしまうのでしょうか。ホルモンバランスが崩れていることや、ストレス、体調不良などさまざまな原因が考えられています。しかし、皮膚における疾患ですので、どんな深層的な原因があったとしても基本的には肌の状態がニキビを生み出しやすい状態になってしまっているということです。ニキビを作りやすい状態とは、乾燥していることです。乾燥は肌のあらゆる疾患の原因ともなりますので、美容に気を遣っている方はもちろん、アトピーや、ニキビなどの皮膚の疾患に悩まされている方はまず対策を講じてスキンケアを改善していかなければなりません。

対策として勘違いしてしまいがちなことに洗顔をたくさんしてしまうことが挙げられます。確かに肌を清潔に保つことはニキビ対策には大切なことなのですが、自分の気分として清潔な状態が自分の肌にとって最適な状態とは限りません。あまり多く洗顔してしまうと、肌のバリアの役目を果たす皮脂が奪われてしまいます。この皮脂がない状態だと肌はあらゆる刺激に弱くなってしまうのです。また、皮脂がないと肌が認識することによってさらに皮脂を分泌しようと働きます。結果的に洗顔をしすぎることによって肌は乾燥し、それを補おうと皮脂を大量に分泌してさらに毛穴をふさいでしまうという悪循環に陥ってしまうのです。このようなメカニズムをまずはしっかりと理解しましょう。ニキビの天敵は乾燥です。洗顔後の肌は乾燥状態にありますので、出来るだけ早く保湿することを心がけてください。ニキビ予防にはまず保湿が大切だということを忘れないようにしましょう